古語:

千万の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せん-ばん 【千万】

[一]名詞

非常に多い数。程度の甚だしいこと。


出典平家物語 五・物怪之沙汰


「大の眼(まなこ)どもが、せんばん出(い)で来て」


[訳] 大きな目玉が非常に数多く出てきて。


[二]副詞

いろいろ。さまざま。


出典生玉心中 浄瑠・近松


「せんばん砕く気の働き」


[訳] さまざまに苦しむ気持ちの動き。


もしも。万が一。


出典太平記 一八


「せんばん蒐合(かけあ)ひの軍(いくさ)に打ち負くる事あらば」


[訳] 万が一総力戦に負けることがあるならば。


参考

「せんまん」とも。[一]は、「後悔せんばん」などのように接尾語的にも用いる。



ち-よろづ 【千万】

名詞

数が限りなく多いこと。無数。









千万のページへのリンク
「千万」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

千万のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




千万のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS