古語:

千里の行も一歩より始まるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 千里の行も一歩より始まるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せんり-の-かう-も-いっぽ-より-はじま・る 【千里の行も一歩より始まる】

分類連語


千里の遠い旅路も、足もとの一歩から始まる。遠大な事業も手近な事から始まることのたとえ。


出典曾我物語 四


「九層の台(うてな)は累土(るいど)より起こり、せんりのかうはいっぽよりはじまる」


[訳] 九階の高殿も、土を積み上げることから始まり、千里の遠い旅路も、足もとの一歩から始まる。








千里の行も一歩より始まるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

千里の行も一歩より始まるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




千里の行も一歩より始まるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS