古語:

危ふしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あやふ・し 【危ふし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


あぶない。危険だ。


出典徒然草 一〇九


「いとあやふく見えしほどは言ふ事もなくて」


[訳] (高くて)大変危険に思われた間は何も言わないで。


不安だ。気がかりだ。


出典徒然草 一八六


「轡(くつわ)・鞍(くら)の具に、あやふきことやあるとみて」


[訳] 馬の轡や鞍などの馬具に、気がかりなところがありはしないかと見て。


不確実だ。


出典平家物語 五・富士川


「平らかに帰り上らむこともまことにあやふき有り様どもにて」


[訳] 無事に帰京することも本当に不確実なようすであって。








危ふしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

危ふしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




危ふしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS