古語:

厭ふに栄ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 厭ふに栄ゆの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いとふ-に-は・ゆ 【厭ふに栄ゆ】

分類連語


嫌われるとかえって恋心が燃え上がる。


出典後撰集 恋二


「あやしくもいとふにはゆる心かな」


[訳] 不思議なことに相手に嫌われるとかえって燃え上がる私の恋心であることよ。


世を厭うのに、ますます長生きする。


出典源氏物語 早蕨


「いとふにはえて延び侍る命のつらく」


[訳] この世を厭うのに、ますます長生きして延びております自分の命がつらく。


なりたち

動詞「いとふ」の連体形+接続助詞「に」(逆接の用法)+動詞「はゆ」








厭ふに栄ゆのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

厭ふに栄ゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




厭ふに栄ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS