古語:

四天王の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

してん-わう 【四天王】

名詞

帝釈天(たいしやくてん)の家来で、須弥山(しゆみせん)の中腹に住み、仏法を守護し、四つの方角を守るという四人の神。東方の持国(じこく)天王、南方の増長(ぞうじよう)天王、西方の広目(こうもく)天王、北方の多聞(たもん)天王。「四大(しだい)天王」「四大」とも。◇仏教語。


ある部門、または臣下・弟子のうち、最もすぐれた四人をいう語。


参考

の四天王では、御伽草子(おとぎぞうし)の『酒呑(しゆてん)童子』でも大活躍の、渡辺綱(わたなべのつな)・坂田公時(さかたのきんとき)・碓井定光(うすいさだみつ)・ト部季武(うらべすえたけ)の頼光(らいこう)の四天王が有名。頼光は源頼光(みなもとのよりみつ)。









四天王のページへのリンク
「四天王」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

四天王のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




四天王のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS