古語:

堂上の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たう-しゃう 【堂上】

[一]名詞

御殿の床の上。御殿の内。殿上(てんじよう)。


出典平家物語 八・山門御幸


「たうしゃう・堂下(たうか)・門外・門内、隙狭間(ひまはざま)も無うぞ満ち満ちたる」


[訳] 御殿の内・建物の外・門外・門内はすき間もなくいっぱいになった。


昇殿を許された四位以上の公家(くげ)。殿上人(てんじようびと)。


出典平家物語 三・御産


「すべてたうしゃう・堂下(たうか)一同にあっと喜び合へる声」


[訳] 殿上人も昇殿を許されない低い身分の者もみな一同ともにあっと喜び合う声。◆「だうしゃう」「だうじゃう」とも。[反対語]堂下(たうか)・地下(ぢげ)。


[二]名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

清涼殿に昇殿すること。「だうしゃう」「だうじゃう」とも。


出典徒然草 一〇一


「内記の持ちたる宣命(せんみやう)を取らずして、たうしゃうせられにけり」


[訳] 内記が持っていた宣命(せんみよう)を受け取らないで、昇殿なさってしまった。









堂上のページへのリンク
「堂上」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

堂上のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




堂上のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS