古語:

大黒天の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

だいこく-てん 【大黒天】

名詞

三宝(仏・法・僧)を守護し、飲食をつかさどる神。体が黒色で忿怒(ふんぬ)(=怒り)の形相(ぎようそう)をしているが、戦闘・福徳の神として他の形相を示すこともある。


のち、七福神の一つ。狩衣(かりぎぬ)のような衣服を着て頭巾(ずきん)をかぶり、大きな袋を背負って右手に打ち出の小槌(こづち)を持ち、米俵の上にのる。福徳をもたらす神として、「夷(えびす)」と並べて祭られる。「大黒」が「大国」と通じるところから、大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合した。◇仏教語。









大黒天のページへのリンク
「大黒天」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大黒天のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




大黒天のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS