古語:

天の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あま 【天】

名詞

天(てん)。空。


出典万葉集 二四〇


「ひさかたの(=枕詞(まくらことば))あま行く月を」


[訳] 大空を行く月を。


参考

「あめ」の古形といわれる。単独ではあまり用いられず、ふつう「天つ」(「つ」は「の」の意の上代の格助詞)「天の」の形で用いられるか、または複合語を作ることが多い。上代には主として高天原(たかまのはら)に関する事象に用いられたが、中古以降は空の意にも用いられた。



あめ 【天】

名詞

天上界。


出典万葉集 九八五


「あめに坐(ま)す」


[訳] 天上界にいらっしゃる。[反対語] 国(くに)。


空。[反対語] 地(つち)。⇒天(あま)



てん 【天】

名詞

天空。大空。空。[反対語] 地(ち)。


造物主。天帝。中国の古代思想で、天地・万物を創造し支配するとされる神。


出典源氏物語 薄雲


「罪重くて、てんの眼(まなこ)恐ろしう思ひ給(たま)へらるることを」


[訳] 罪が重くて、天帝の眼力が恐ろしく思われておりますことを。


自然の理。運命。天命。


出典野ざらし 俳文・芭蕉


「ただこれてんにして、汝(なんぢ)が性(さが)のつたなさを泣け」


[訳] ただこれは運命であって、自分の生まれつきの不運を嘆け。


六道(ろくどう)の一つ。天上界。人間界の上にあって、すぐれた果報を受ける者が住むという清浄で安楽な理想世界。


出典源氏物語 松風


「てんに生(む)まるる人の」


[訳] 天上界に生まれた人の。◇仏教語。


天上界に住んで仏教を守護する神。◇仏教語。


最上。最もたっとばれるものや人。▽物事の程度を天・地・人と分けたうちの天。


出典徒然草 一二二


「食は人のてんなり」


[訳] 食べることは人にとって最もたっとばれるものだ。









天のページへのリンク
「天」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

天のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




天のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS