古語:

天一神の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なか-がみ 【天一神・中神】

名詞

陰陽道(おんようどう)で、天地を周回して人の吉凶禍福をつかさどるという神。「てんいちじん」とも。


出典源氏物語 帚木


「今宵(こよひ)、なかがみ、内裏(うち)よりは塞(ふた)がりて侍(はべ)りけり」


[訳] 今夜は、中神は、宮中の方からはふさがっておりました。


参考

天一神は、天地八方を六十日の周期で巡行する。己酉(つちのととり)の日に天上から下り、東・西・南・北に各五日ずつ、北東・南東・南西・北西に各六日ずつ、計四十四日地上に滞在し、癸巳(みずのとみ)の日から十六日間は天上にいる。この地上にいる間の神のいる方角を「塞(ふた)がり」「方塞(かたふた)がり」として忌み、その方角へ外出する際には、「方違(かたたが)へ」を行った。









天一神のページへのリンク
「天一神」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

天一神のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




天一神のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS