古語:

山東京伝の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

山東京伝

分類人名


(一七六一~一八一六)江戸時代後期の黄表紙・洒落(しやれ)本・読本作者。本名岩瀬醒(さむる)。江戸町人の通(つう)と粋(いき)の気分を描き歓迎されたが、幕府の取り締まりで手鎖(てぐさり)五十日の刑に処せられた。代表作は黄表紙『江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)』、洒落本『通言総籬(つうげんそうまがき)』、読本『桜姫全伝曙草紙(さくらひめぜんでんあけぼのぞうし)』。弟子に滝沢馬琴(ばきん)がいた。









山東京伝のページへのリンク
「山東京伝」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

山東京伝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




山東京伝のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS