古語:

幼けなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いとけ-な・し 【幼けなし・稚けなし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


幼い。あどけない。子供っぽい。「いときなし」とも。


出典方丈記 


「いとけなき子の、なほ乳(ち)を吸ひつつ臥(ふ)せるなどもありけり」


[訳] 幼い子が(母が死んでも)依然として乳を吸いながら横たわっているのなどもあった。



いはけ-な・し 【幼けなし・稚けなし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


幼い。子供っぽい。あどけない。


出典源氏物語 若紫


「いはけなくかいやりたる額つき、髪ざし、いみじううつくし」


[訳] あどけなく(髪を)払いのけた額のようす、髪の生え具合が、たいそうかわいらしい。


参考

(1)「いはけなし」と「いとけなし」との違い 類義語「いとけなし」は単に年少であるの意だが、「いはけなし」は年端がゆかず、頼りない感じの意。(2)歴史的仮名づかいは「いはけなし」か「いわけなし」か未詳。



いわけ-な・し 【幼けなし・稚けなし】

⇒いはけなし








幼けなしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

幼けなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




幼けなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS