古語:

廃るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すた・る 【廃る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


衰える。すたれる。


出典風姿花伝 五


「道すたらば、寿福おのづから滅すべし」


[訳] 芸の道が衰えれば、幸福も自然になくなってしまうにちがいない。


用いられなくなる。不用になる。


出典雨月物語 吉備津の釜


「粥(かゆ)さへ日々(ひひ)にすたりて」


[訳] 粥さえ日に日に(体が受けつけなくなって)不用になって。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


[一]に同じ。


出典古今著聞集 一五六


「この道すたれぬるにやと悲しくおぼえて」


[訳] 和歌の道が衰えてしまったのかと悲しく思われて。


[一]に同じ。


出典徒然草 一七四


「一度(ひとたび)道を聞きて、これに志さん人、いづれのわざかすたれざらん」


[訳] 一度仏の教えを聞いて、その仏道への精進を思い立つような人は、その他のどんなことが不用にならないであろうか、いや不用になる。








廃るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

廃るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




廃るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS