古語:

弓の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆみ 【弓】

名詞

武器の一種。矢を射るもの。


弓を射ること。また、そのわざ。弓術。


弓の競射。


出典大鏡 道長上


「帥殿(そちどの)の南院にて、人々集めてゆみあそばししに」


[訳] 帥殿(=伊周(これちか))の南の御殿で、人々を集めて弓の競射をなさったときに。


参考

古くははぜなどを材にした丸木弓を用いたが、平安時代ごろから、桑の木をしんにして両側を竹で押さえ、それを籐(とう)や糸で巻いたものが作られた。製法によって、「塗籠籐(ぬりごめどう)」「本滋籐(もとしげどう)」「節巻(ふしま)き」などがある。弓の強さを表すのに「三人張りの弓」などというが、これは、三人がかりで弓に弦を張るほどの剛弓を意味する。









弓のページへのリンク
「弓」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

弓のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




弓のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS