古語:

戦慄き出づの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 戦慄き出づの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わななき-い・づ 【戦慄き出づ】

自動詞ダ行下二段活用

活用{で/で/づ/づる/づれ/でよ}


震えながら出てくる。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「侍(さぶらひ)の長(をさ)なる者、…わななきいでたり」


[訳] 従者の頭である者が、…(寒さで)震えながら出てきた。


震えるような声や楽器の音がする。


出典更級日記 春秋のさだめ


「雪の降り積もり光り合ひたるに、篳篥(ひちりき)のわななきいでたるは」


[訳] 雪が降り積もり(月光に)照り映えているところに、篳篥の震えるような音がしているのは。








戦慄き出づのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

戦慄き出づのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




戦慄き出づのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS