古語:

戦慄くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わなな・く 【戦慄く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


体や手足が震える。震え動く。


出典枕草子 すさまじきもの


「宵(よひ)より寒がりわななき居(を)りける下衆(げす)男」


[訳] 前夜から寒がり、(ぶるぶる)震えていた身分の低い男が。


声や音などが震える。


出典枕草子 なほめでたきこと


「神楽(かぐら)の笛のおもしろくわななき吹きすまされて」


[訳] 神楽の笛がすばらしく震え(ながら)澄んだ音色に吹かれて。


ざわざわと乱れ動く。ざわめく。


出典落窪物語 二


「下﨟(げらふ)の、物見むと、わななき騒ぎ笑ふこと限りなし」


[訳] 身分の低い者(たち)が、見物しようと、ざわめき大騒ぎして笑うことこの上ない。


髪の毛がほつれて、ばさばさになる。


出典枕草子 かへる年の


「髪なども…所々わななき散りぼひて」


[訳] 髪なども…あちらこちらほつれて、ばさばさになり散らばって。








戦慄くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

戦慄くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




戦慄くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS