古語:

折り掛くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をり-か・く 【折り掛く・折り懸く】

[一]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


(波などが)しきりに寄せる。寄せては返す。


出典新古今集 春下


「岩根越す清滝川の速ければ波をりかくる岸の山吹」


[訳] 岩を越えて流れる清滝川の(流れが)速いので波がしきりに寄せては返す岸の山吹(の花よ)。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


折り曲げて掛ける。


出典梁塵秘抄 二句神歌


「賤(しづ)の男(を)が篠(しの)をりかけて干(ほ)す衣(ころも)」


[訳] 身分の低い男が篠竹を折って(そこに)掛けて干す衣。


折ったままにしておく。折り曲げたままにする。


出典愚管抄 五


「鎧(よろひ)の上の矢どもをりかけて」


[訳] 鎧の上に突き刺さった矢などを折ったままにしておいて。








折り掛くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

折り掛くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




折り掛くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS