古語:

折り目高なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 折り目高なりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をりめ-だか・なり 【折り目高なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


衣服の折り目が高くはっきりしている。


出典膝栗毛 滑稽


「洗濯布子(せんだくぬのこ)の糊(のり)こはきををりめだかに着なして」


[訳] 洗濯した綿入れで糊がきいたのを折り目が高くはっきりとしたようすで着て。


折り目正しい。礼儀・作法がきちんとしている。


出典武道伝来記 浮世・西鶴


「よろづにをりめだかなる生まれつきながら」


[訳] すべてに折り目正しい生まれつきそのままに。








折り目高なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

折り目高なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




折り目高なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS