古語:

掬ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すく・ふ 【掬ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


手・ひしゃくなどで、物をくみ取る。しゃくる。


出典栄花物語 御裳着


「宇治河の底に沈めるいろくづを網ならねどもすくひつるかな」


[訳] 宇治川の底に沈んでいる魚を、網ではなかったが、すくい取ったことだなあ。


(物をしゃくるように)持ち上げる。


出典曾我物語 八


「乗りたる馬を主(ぬし)ともに中(ちゆう)にすくうて投げ上げ」


[訳] 乗っている馬を主人もろとも空中に持ち上げて投げ上げ。◇「すくう」はウ音便。


手前へひきしめる。たぐる。繰る。


出典源平盛衰記 一五


「手綱をすくうて歩ませよ」


[訳] 手綱をひきしめて歩ませよ。◇「すくう」はウ音便。








掬ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

掬ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




掬ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS