古語:

操なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みさを・なり 【操なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


心を固く守って変えない。堅固だ。


出典宇津保物語 蔵開上


「心のいとみさをに賢かりしかば」


[訳] 心がとても堅固で賢かったので。


平気だ。がまん強い。


出典山家集 中


「疎き恨みはみさをなりけり」


[訳] (今の会えないつらさに比べたら)二人の間が疎遠で会えなかったころの恨みの方が平気であったことだ。








操なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

操なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




操なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS