古語:

春色梅児誉美の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 春色梅児誉美の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

春色梅児誉美

分類書名


人情本。為永春水(ためながしゆんすい)作。江戸時代後期(一八三二~一八三三)刊。十二冊。〔内容〕遊女屋唐琴(からごと)屋の養子で美男子丹次郎(たんじろう)と深川芸者米八(よねはち)の恋愛と、下町情緒を描いた一種の風俗小説。好評を博し、春水は続編の『春色辰巳園(たつみのその)』以下の人情本を次々と刊行した。









春色梅児誉美のページへのリンク
「春色梅児誉美」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

春色梅児誉美のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




春色梅児誉美のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS