古語:

為永春水の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

為永春水

分類人名


(一七九〇~一八四三)江戸時代後期の人情本作者。江戸の人。本名、鷦鷯(ささき)(佐々木)貞高。本屋・講釈師の後、式亭三馬(しきていさんば)の門人になる。人情本『春色梅児誉美(しゆんしよくうめごよみ)』を書いて一躍流行作家になったが、天保(てんぽう)の改革で、風俗を乱した罪で手鎖(てぐさり)五十日の刑をうけ、翌年病死した。









為永春水のページへのリンク
「為永春水」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

為永春水のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




為永春水のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS