古語:

曾ての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かつ-て 【曾て・嘗て】

副詞

〔下に打消の語を伴って〕


今まで一度も。ついぞ。


出典万葉集 六七五


「かつても知らぬ恋もするかも」


[訳] 今まで一度も知らない恋もすることだなあ。


決して。まったく。


出典万葉集 一九四六


「木(こ)高くはかつて木植ゑじ」


[訳] 木立(こだち)高くは決して木を植えまい。


参考

中古には漢文訓読系の文章にのみ用いられ、和文には出てこない。「かって」と促音にも発音されるようになったのは近世以降。








曾てのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

曾てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




曾てのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS