古語:

書院造りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しょゐん-づくり 【書院造り】

名詞

中世末期以降、主に武家の住宅に行われた建築様式の一つ。建物内は襖(ふすま)障子や明かり障子で間仕切りした畳敷きの部屋に分かれていて、表座敷には床(とこ)・棚・付け書院があり、また、玄関が設けられている。室町時代末期に起こって桃山時代に完成し、現在の日本風住宅様式の基礎となった。









書院造りのページへのリンク
「書院造り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

書院造りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




書院造りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS