古語:

曼陀羅の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まだら 【曼陀羅】

名詞

「まんだら」に同じ。◆「まんだら」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



まんだら 【曼陀羅・曼荼羅】

名詞

悟りを得るための修行の道場。また、諸仏を安置する壇。


仏の悟りの境地を絵に表したもの。特に、密教で重視されて礼拝(らいはい)の対象ともされるが、これは密教の教主大日如来(だいにちによらい)の悟りの境地を絵に表したものである。◆本来は「本質のもの」の意。「まだら」とも。仏教語。








曼陀羅のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

曼陀羅のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




曼陀羅のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS