古語:

本地の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほん-ぢ 【本地】

名詞

仏・菩薩(ぼさつ)が仮に神の姿となって現れる垂迹身(すいじやくしん)に対して、仏・菩薩の本来の姿。本体。本身。


出典平家物語 一〇・維盛入水


「当山権現(ごんげん)はほんぢ阿弥陀如来(あみだによらい)にてまします」


[訳] 熊野本宮の仏の化身の神は本来の姿が阿弥陀如来でいらっしゃる。◇仏教語。⇒ほんぢすいじゃく。


本来の姿。本性。本質。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「人は、まことあり、ほんぢたづねたるこそ、心ばへをかしけれ」


[訳] 人は、誠実さがあって、(物の)本来の姿を探求している、その心のありようがすばらしい。









本地のページへのリンク
「本地」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

本地のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




本地のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS