古語:

本体の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほん-たい 【本体】

名詞

本来の姿。正体。実体。


根本。本質。真髄。


出典愚管抄 六


「鎌倉のほんたいの武士梶原(かぢはら)」


[訳] 鎌倉の真髄の武士梶原氏は。


もとで。資本。


出典宇治拾遺 一三・一


「女の家なりける金の石をとりて、それをほんたいとして、造りたりけるなり」


[訳] 女の家にあった金の石を取って、それをもとでとして、(家を)造ったのである。


本来。もともと。▽副詞的に用いる。


出典大鏡 道隆


「ほんたいは参らせ給(たま)ふまじきを」


[訳] 本来は(後一条天皇のお七夜に)参上なさってはいけないのに。◆「ほんだい」とも。









本体のページへのリンク
「本体」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

本体のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




本体のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS