古語:

末葉の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うら-ば 【末葉】

名詞

草木の茎や枝の先端にある葉。「うらは」「うれは」とも。[反対語] 本葉(もとは)。


注意

「うら」は「裏」ではなく「すえ」の意。



うれ-は 【末葉】

名詞

「うらば」に同じ。



すゑ-ば 【末葉】

名詞

草木の先端にある葉。うらば。


出典新古今集 秋上


「下荻(したをぎ)のすゑばの露に秋風ぞ吹く」


[訳] 物陰の荻の先端の葉に置いた露に秋風が吹くことだ。


子孫。末裔(まつえい)。


出典徒然草 一


「竹の園生(そのふ)のすゑばまで」


[訳] 皇族の子孫まで。









末葉のページへのリンク
「末葉」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

末葉のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




末葉のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS