古語:

みなとのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みなとの…

分類和歌


「水門の葦(あし)の末葉(うらば)を誰(たれ)か手折(たを)りし我(わ)が背子(せこ)が振(ふ)る手(て)を見(み)むと我そ手折(たを)りし」


出典万葉集 一二八八・作者未詳


[訳] 湊(みなと)の辺りに生い茂るあしの先の葉を、だれが手折ったのか。恋しいあの人が振る手を見ようと思って、私が手折ったことです。


鑑賞

船で旅立つ男を見送る女の歌。「背子」は、女性が、夫や恋人の男性を親しんで呼ぶ語。「か…し」「そ…し」は係り結びで、「し」は過去の助動詞「き」の連体形。









みなとののページへのリンク
「みなとの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みなとののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




みなとののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS