古語:

みせばやなの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みせばやなの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みせばやな…

分類和歌


出典百人一首 


「見せばやな雄島(をじま)の海人(あま)の袖(そで)だにも濡(ぬ)れにぞ濡れし色は変はらず」


出典千載集 恋四・殷富門院大輔(いんぷもんゐんのたいふ)


[訳] (恋の血の涙に濡れて色の変わってしまった私の袖を)お見せしたいものですね。あの雄島の漁師の袖でさえも、(潮で)濡れに濡れていますが、(それでも、私の袖のようには)色は変わらないのですよ。


鑑賞

本歌は『後拾遺和歌集』恋四「松島や雄島の磯(いそ)に漁(あさり)せし海人の袖こそかくは濡れしか」。「雄島」は松島湾にある島の一つ。








みせばやなのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みせばやなのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




みせばやなのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS