古語:

みしひとのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みしひとのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みしひとの…

分類和歌


「見し人の松の千年(ちとせ)に見ましかば遠く悲しき別れせましや」


出典土佐日記 二・一六


[訳] 死んでしまったかわいい子供が、千年を経る松のようにいつまでも長生きしていたなら、遠い土地で悲しい死別をしただろうか、しなかったに違いない。


鑑賞

幼い娘を赴任先で亡くした悲しみは、この作品のテーマの一つである。土佐の国での任期を終えて帰京して見ると、出発した時には元気だった子供のいない喪失感が、よりいっそう身にしみる。荒れ果てた庭先の小松を見て詠んだ一首で、『土佐日記』巻末の歌。「見し人」は「かつての恋人」の意であるが、ここでは亡くした我が子を示す。「ましかば…まし」は反実仮想の構文で、「もし…だったら…だろうに」と訳す。








みしひとののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みしひとののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




みしひとののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS