古語:

みやまの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-やま

名詞

(一)

【み山】お山。▽「山」の美称。


出典万葉集 一三三


「笹(ささ)の葉はみやまもさやに乱るとも我は妹(いも)思ふ別れ来(き)ぬれば」


[訳] ⇒ささのはは…。


(二)

【御山】御陵。みささぎ。


参考

(一)は「深山」と書かれることもあるが、当て字である。「みやま」が次項の「深山」であるかどうかは、前後の表現で理解できる。「み」は接頭語。



み-やま 【深山】

名詞

人里から遠く離れた山。奥深い山。奥山。


出典古今集 神遊びの歌


「みやまには霰(あられ)降るらし」


[訳] 人里から遠く離れた山にはあられが降っているらしい。[反対語] 外山(とやま)・端山(はやま)。









みやまのページへのリンク
「みやま」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みやまのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




みやまのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS