古語:

みるほどぞの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みるほどぞの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みるほどぞ…

分類和歌


「見る程ぞしばし慰むめぐりあはむ月の都ははるかなれども」


出典源氏物語 須磨


[訳] 月を眺めている間だけは、しばらくの間、心が慰められる。めぐる月のように、恋しい人達にまためぐりあう都は、ここからはるか遠くだけれども。


鑑賞

謹慎中の須磨(すま)で八月十五日の満月を見ながら、源氏が詠んだ歌。月は東から西へ、欠けてはまた満月へとめぐりめぐる。そのように、再び都の恋しい人たちに会いたいと願った歌。さらに、月にある都のように、地上の京も遠いけれど、と悲しみを深めている。








みるほどぞのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みるほどぞのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




みるほどぞのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS