古語:

みるひともの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みるひともの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みるひとも…

分類和歌


「見る人もなき山里の桜花ほかの散りなむのちぞ咲かまし」


出典古今集 春上・伊勢(いせ)


[訳] 見る人とてない山里の桜花よ、ほかの花がみんな散ってしまった後に咲いたらいいのに。


鑑賞

「ほかの」というのは、見る人の多い都の桜のことをいう。都の桜は多くの人に観賞され、もてはやされるが、山里の桜は美しくもひっそりと咲く。そんな山里の桜に対して、あわれみの心をもって呼びかけた歌である。都の桜が散ってしまった後なら、人々も見に来るだろうというのである。









みるひとものページへのリンク
「みるひとも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みるひとものお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




みるひとものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS