古語:

みなひとはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みなひとはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みなひとは…

分類和歌


「皆人は花の衣になりぬなり苔(こけ)の袂(たもと)よ乾きだにせよ」


出典古今集 哀傷・遍昭(へんぜう)


[訳] 世間の人は皆、喪服を脱いではなやかな服に着替えたという。涙にぬれた私の僧衣の袂よ、せめて乾くことだけでもしてくれ。


鑑賞

仁明(にんみよう)天皇の一年の喪が明けて詠んだ歌。喪が明けて日常に戻った世間と、先帝の死をいたむ自分とが、「花の衣」と「苔の袂」との対比によって表されている。









みなひとはのページへのリンク
「みなひとは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みなひとはのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




みなひとはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS