古語:

末末の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すゑ-ずゑ 【末末】

名詞

(物の)先の方。先端。末端。


出典源氏物語 蜻蛉


「心もとなき花のすゑずゑ」


[訳] 弱々しい花の先端。


行く末。将来。あとあと。


出典源氏物語 末摘花


「かかる人々のすゑずゑいかなりけむ」


[訳] このような人々の将来はどうなったのだろうか。


年下の者。


出典源氏物語 柏木


「弟の君(きん)だちも、また、すゑずゑの若きは」


[訳] 弟の君達も、また(ずっと)年下の若い方々は。


子孫。


出典徒然草 三〇


「聞き伝ふるばかりのすゑずゑは、あはれとやは思ふ」


[訳] (故人のことを)聞き伝えているだけの子孫は、(その故人のことを)しみじみと思うであろうか、いや、思いはしない。


身分の低い者。しもじも。


出典徒然草 一三七


「若くすゑずゑなるは、宮仕へに立ち居(ゐ)」


[訳] 若くて身分の低い者は、主人の世話に立ったり座ったりして(忙しく)。








末末のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

末末のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




末末のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS