古語:

物はかなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 物はかなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-はかな・し 【物はかなし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


なんとなく頼りない。


出典蜻蛉日記 上


「世の中にいとものはかなく、とにもかくにもつかで、世に経(ふ)る人ありけり」


[訳] この世の中にたいそう頼りなく、どうにもこうにも態度を決めかねて、夫婦生活を続けている人があった。


とりとめがない。たわいない。


出典和泉式部 


「その夜おはしまして、例のものはかなき御物語せさせ給(たま)ひても」


[訳] その夜いらっしゃって、いつものとりとめのない物語をおさせになっても。◆「もの」は接頭語。








物はかなしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物はかなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




物はかなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS