古語:

猶しもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なほ-しも 【猶しも】

分類連語


ますます。いっそう。


出典新勅撰集 雑一


「吉野山なほしも奥に花咲かばまたあくがるる身とやなりなむ」


[訳] 吉野山のますます奥に花が咲くとしたら、また心が落ち着かなくなる身となってしまうのだろうか。


変わりばえがなく。ふつうに。


出典蜻蛉日記 中


「それになほしもあらぬやうにあれば、いたくけしきばみ立てり」


[訳] その人に対してふつうでないよう(=恋心を抱いているよう)なので、たいそう気取って立っている。


なりたち

副詞「なほ」+強意の副助詞「しも」








猶しものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

猶しものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




猶しものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS