古語:

猶の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なほ 【猶・尚】

副詞

依然として。相変わらず。やはり。


出典土佐日記 二・四


「なほ、同じ所に日を経(ふ)ることを嘆きて」


[訳] 依然として、同じ所に(とどまって)日を送ることを嘆いて。


何といっても(やはり)。それでもやはり。


出典枕草子 草の花は


「されど、なほ夕顔といふ名ばかりはをかし」


[訳] しかし、何といってもやはり夕顔という名前だけは興味深い。


さらにいっそう。ますます。


出典土佐日記 二・一六


「かかるうちに、なほ悲しきにたへずして」


[訳] こうした(騒ぎの)中で、さらにいっそう悲しさにこらえきれないで。


ふたたび。やはりまた。


出典方丈記 


「同じき年の冬、なほこの京に帰り給(たま)ひにき」


[訳] (天皇は)同年の冬にふたたび平安京にお帰りになった。



ユウ 【右・有・幽・猶・遊・優】

⇒いう



なお 【直・猶・尚】

⇒なほ









猶のページへのリンク
「猶」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

猶のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




猶のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS