古語:

白くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しら・く 【白く】

[一]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


白くなる。色があせる。


出典万葉集 一七四〇


「黒かりし髪もしらけぬ」


[訳] 黒かった髪も白くなってしまった。


気分がそがれる。興がさめる。しらける。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「恋に浮き世を投げ首の酒もしらけて醒(さ)めにけり」


[訳] 恋に浮かれてこの世を捨てるほど思案に余って酒の酔いも気分がそがれてさめてしまった。


間が悪くなる。気まずくなる。


出典十訓抄 八


「しらけて、実方(さねかた)は立ちにけり」


[訳] 気まずくなって、実方は立ってしまった。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


明らかにする。すっかり打ち明ける。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「万(よろづ)しらけて物を語りけるに」


[訳] すべてをすっかり打ち明けて話したら。









白くのページへのリンク
「白く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

白くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




白くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS