古語:

皇の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すべら 【皇】

名詞

「すめら」に同じ。



すめ- 【皇】

接頭語

天皇または神に関する語に付けて、尊敬・賛美する意を表す。「すべ」とも。「すめ神」「すめ御孫(みま)」



すめら 【皇】

名詞

天皇の尊敬語。「すべら」とも。


出典万葉集 九七三


「すめら朕(わ)がうづの御手(みて)もち」


[訳] 天皇である私の貴く美しい御手をもって。



コウ 【広・光・皇・荒・黄・曠】

⇒くゎう



オウ 【王・往・皇・黄・横】

⇒わう









皇のページへのリンク
「皇」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




皇のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS