古語:

禄の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ろく 【禄】

名詞

給与。俸禄(ほうろく)。扶持(ふち)。▽古くは綿・布・穀物など、のちに領地・扶持米(ふちまい)・給金などが支給された。


出典平家物語 一・願立


「大臣(たいしん)はろくを重んじて諫(いさ)めず」


[訳] 主だった家臣は自分の給料を大切に考え、(下の人を)諫めるべきときに諫めない。


褒美。祝儀。▽ふつうは衣服が与えられた。


出典伊勢物語 八三


「大御酒(おほみき)たまひ、ろくたまはむとて、つかはさざりけり」


[訳] お酒をくださり、ご褒美をくださろうといって、お帰しにならなかった。









禄のページへのリンク
「禄」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

禄のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




禄のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS