古語:

童部の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わらは-べ 【童部】

名詞

子供。子供たち。▽単数にも複数にも用いる。


出典源氏物語 若紫


「何事ぞや。わらはべと腹立ち給(たま)へるか」


[訳] 何事か。子供たちとけんかしなさったのか。


貴族の家や寺に使われる子供の召使い。


愚妻。▽自分の妻をへりくだっていう語。


出典大鏡 道隆


「翁(おきな)らがわらはべのさやうに侍(はべ)らましかば」


[訳] 翁(=自分)たちの愚妻がもしそのようでございましたならば。◆後に「わらんべ」「わらべ」とも。



わらん-べ 【童部】

名詞

「わらはべ」に同じ。


出典太平記 一〇


「煙(けぶり)に迷へる女・わらんべども、追っ立てられて」


[訳] (大火の)煙に右往左往している女や子供は、追い立てられて。


「わらはべ」に同じ。◆「わらはべ」の撥(はつ)音便。








童部のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

童部のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




童部のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS