古語:

筋交ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すぢ-か・ふ 【筋交ふ・筋違ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


斜めに交差する。斜めになる。


出典源氏物語 常夏


「行(くだり)のほど、端ざまにすぢかひて倒れぬべく見ゆるを」


[訳] (近江(おうみ)の君の書いたものは)行(ぎよう)の具合が、端の方に行くにつれて斜めになって倒れてしまいそうに見えるのを。


斜めに向かい合う。


出典枕草子 宮にはじめてまゐりたるころ


「いかでかはすぢかひ御覧ぜられむとて」


[訳] なんとかして、斜めに向かい合って(私を)ご覧になっていただこうとして。


筋道と行き違う。くいちがう。そむく。


出典浜松中納言 四


「あまり世にすぢかひて」


[訳] 度外れて世間にそむいて。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


斜めにする。


出典中務内侍 


「太刀を横さまにすぢかへたるやうにつけて」


[訳] 太刀を横に向けて斜めにしているようにつけて。








筋交ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

筋交ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




筋交ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS