古語:

細しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くは・し 【細し・美し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


うるわしい。細やかで美しい。


出典万葉集 三三三一


「走り出(で)のよろしき山の、出(い)で立ちのくはしき山ぞ」


[訳] 山並みの伸びる形がよい山で、そびえている姿がうるわしい山よ。◇上代語。


参考

「かぐはし」「まぐはし」「くはし女(め)」など複合語で用いられることが多い。



くわし 【細し・美し・詳し・精し】

⇒くはし



ほそ・し 【細し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(太さが)細い。(幅が)狭い。(体が)やせている。ほっそりしている。


出典源氏物語 真木柱


「御姿いとどほそう、か弱げなり」


[訳] (北の方の)お姿は、ますますやせ細り、弱々しげである。◇「ほそう」はウ音便。


(量・力・程度が)少ない。弱々しい。低い。


出典枕草子 殿上の名対面こそ


「高くほそく名乗り」


[訳] (滝口の武士は)高く、あるいは、低く名のって。









細しのページへのリンク
「細し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

細しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




細しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS