古語:

絵巻物の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

絵巻物

分類文芸


物語の粗筋(あらすじ)や、神社・寺院の由来、山水の景勝などを絵に描いた巻物。絵だけのものや、絵に説明の言葉(=詞書(ことばがき))がついたものがある。平安時代から鎌倉時代にかけて盛んに作られた。『源氏物語絵巻』『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』『信貴山縁起(しぎさんえんぎ)』などが名高い。単に「絵巻」ともいい、絵は大和絵であった。



ゑまき-もの 【絵巻物】

名詞

物語や寺社の縁起(えんぎ)、高僧の伝記などを絵にした巻き物。文章と場面の絵とから成り立つ。平安時代から鎌倉時代にかけて多く作られた。代表的なものとしては、『源氏物語絵巻』がある。









絵巻物のページへのリンク
「絵巻物」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

絵巻物のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




絵巻物のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS