古語:

統ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

す・ぶ 【統ぶ】

他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


(ばらばらのものを)一つにまとめる。


出典日本書紀 神代下


「海神(わたつみ)、ここに海(わた)の魚(いを)どもをすべつどへて」


[訳] 海神は、そこで海の魚々をまとめ集めて。


支配する。統轄する。統治する。


出典霊異記 下


「有智(うち)の得業(とくごふ)にして、並びに衆才をすべたり」


[訳] 知恵のある得業(とくごう)(=僧の階級の一つ)で、また、多くの才能ある人々を支配していた。








統ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

統ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




統ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS