古語:

罪の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つみ 【罪】

名詞

罪。過失。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「かぐや姫はつみをつくり給(たま)へりければ」


[訳] かぐや姫は罪を犯しなさったので。


罪業(ざいごう)。仏罪。▽仏法に反した、成仏の妨げとなる行い。


出典源氏物語 若紫


「つみ得(う)ることぞと常に聞こゆるを」


[訳] (すずめを捕らえることは)仏罪になることですよ、といつも申し上げているのに。


欠点。短所。難点。


出典源氏物語 夕顔


「御心ざし一つの浅からぬに、よろづのつみ許さるるなめりかし」


[訳] (源氏の)お気持ちはひたすら深いので、女の家のすべての欠点が許されるものであるようだよ。









罪のページへのリンク
「罪」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




罪のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS