古語:

耳近しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みみ-ぢか・し 【耳近し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(音が)耳に近い。近くに聞こえる。


出典更級日記 鏡のかげ


「松風、いとみみぢかう心細く聞こえて」


[訳] 松風が、たいそう耳の近くにものさびしく聞こえて。◇「みみぢかう」はウ音便。


聞きなれてわかりやすい。


出典源氏物語 橋姫


「同じ仏の御教へをもみみぢかきたとひに引きまぜ」


[訳] 同じ仏のお教えにしても、聞きなれてわかりやすい例え話の中に引いて混ぜ(て説き)。








耳近しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

耳近しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




耳近しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS