古語:

苛らぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いらら・ぐ 【苛らぐ】

[一]自動詞ガ行四段活用

活用{が/ぎ/ぐ/ぐ/げ/げ}


突っぱる。とがる。角(かど)だつ。


出典源氏物語 手習


「こはごはしういららぎたる物ども着給(たま)へるしも」


[訳] ごわごわして突っぱっているものなどを着ていらっしゃるのも。


鳥肌が立つ。


出典源氏物語 橋姫


「寒げに、いららぎたる顔して」


[訳] 寒そうに、鳥肌が立っている顔をして。


[二]他動詞ガ行下二段活用

活用{げ/げ/ぐ/ぐる/ぐれ/げよ}


とがらせる。逆立たせる。角(かど)だてる。


出典今昔物語集 五・二〇


「獅子(しし)の、かく項(うなじ)の毛をいららげ」


[訳] 獅子が、このように首の後ろの毛を逆立たせ。








苛らぐのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

苛らぐのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




苛らぐのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS