古語:

苛なしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いら-な・し 【苛なし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(程度が)甚だしい。


出典大和物語 一六八


「さぶらふ人々もいらなくなむ泣きあはれがりける」


[訳] お仕え申し上げる人々も甚だしく泣いていたましく思った。


大げさだ。仰々しい。


出典徒然草 五四


「印(いん)ことことしく結び出(い)でなどして、いらなく振る舞ひて」


[訳] (僧たちは)印を仰々しく結んで作り出したりして、大げさに振る舞って。


(物の状態などが)強い。鋭い。


出典宇治拾遺 一〇・六


「明け暮れはいらなき太刀をみがき」


[訳] 毎日は、鋭い太刀をみがき。








苛なしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

苛なしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




苛なしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS